法律の無料相談の範囲

身近でトラブルが発生して、当事者だけでは解決が困難な場合に、弁護士等の専門家に相談したいケースがあります。
しかし、専門家に相談するには、その費用が安くはないというイメージがあるため、敷居が高いと感じる人も多いです。
実際には、費用は案件によって異なり、初回は無料相談に応じてくれる弁護士や法律事務所もあります。
例えば、過払い金の返還請求を例にします。
過払い金とは、消費者金融等の貸金業者から借入をして返済する際に、支払った利息のうち、法律が定める上限金利を超える部分を言い、貸金業者に対して返還請求ができます。
この返還請求は借りた本人が直接、貸金業者と交渉できますが、様々なケースが予想でき、弁護士等に相談した方がより確実です。
そこで、まずは、弁護士等が無料相談を行なっていれば、それを受けることが推奨されます。
無料相談の範囲は、過去に借り入れた履歴(契約書があれば尚良いですが、なくても貸金業者名や借り入れた金額や返済状況など)を整理して、返還請求の可否判断までが一般的です。
その上で、正式に返還請求を弁護士等に有料で依頼するかどうかを決定します。
有料の場合、返還された金額の15%から20%程度を成功報酬として支払うのが相場です。
つまり、弁護士等の専門家に相談すると必ず費用が発生するわけではなく、無料で応じてくれる範囲があるということです。

法律憲法9条は見直すべきかの議論

憲法9条は見直すべきかの議論されています。
法律は憲法9条にこだわらず時代時代に合わせて見直すべきです。
基本的な法律の良さ、信念、目的などは変える必要はないのです。
平和を維持しながら変える必要があるのです。
今までは日本のみの平和を考えていけばよかったですが世界の中の日本です。
世界の平和も考える必要があり時期が来ています。
また日本の国は私たち日本人が守って今なくてはいけないです。
相手が侵略してきた場合やられっぱなしではなく防御のための攻撃も必要です。
憲法9条は世界的にも認められた平和な法律が憲法です。
今年もノーベル平和賞の候補に挙がっていました。
しかしここでとどまっていてはいけないです。
日本だけの平和ではなく世界平和を考えた憲法9条にする必要があります。
あと一歩踏み込めばノーベル平和賞候補でとどまらずノーベル平和賞受賞も夢ではないです。
周辺諸国に日本は攻撃しても攻撃しないと馬鹿にされない国作りも必要です。
憲法を見直しさらに魅力的な日本になることを私は望みます。